スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原田隆史 東日本大震災復興支援 チャリティー講演会 in 東京

1318395745_photo.jpg


「東北に本気の思いを届けよう!」
  東日本大震災から10カ月が過ぎました。この東京では、震災の影響も和らぎ、日常の生活が戻っています。しかし、被災地では、家族を捜し続けている人、避難所で生活をしている人、その他にも震災の傷跡が癒えないまま、懸命に暮らしている人がいます。そして、そのような人々がいることを知り、被災地に赴き、現地で支援活動を行っている人がいます。
 日常の生活が戻ったと感じる東京の私たちは、今だからこそ、もう一度、思い出すことが大切だと思います。東京で感じた地震の大きさ、余震が続いた不安な毎日、何度もテレビで目にした火事や津波の報道。それが今では、被災地の状況を知らせる報道は減り、「これから、どうしていけばいいのか」を考えさせられる出来事が多くなっています。現在は、これからの生活に関わる消費電力、原子力発電、放射性物質の報道が中心になっています。私たちは、過去にとらわれず、明日に目を向け、未来のために生きることが大切です。日常を取り戻した東京が見る明日と、震災の爪痕が今も身近に残る被災地が見る明日が、違ってはいけない、私たちはそう考えています。
 今回、チャリティー講演会を開催するにあたって1つの思いがあります。それは、これからの日本に対する思いです。たった1人がスーパープレーをして活躍する日本ではなく、サッカーの、なでしこジャパンのように、それぞれが自分のできる最高のプレーをすることで未来に進む日本であって欲しい、自分にできないことを、仲間と補い合うことができる日本であって欲しいという願いです。
 家族や仕事がある中で、被災された方々のために行動できることは限られています。実際に現地に行き、支援活動ができる人は多くありません。しかし、間接的な支援なら、世界中、どこにいてもできるはずです。被災地や、被災地で支援活動をされている方々への経済的な支援も可能です。このチャリティー講演会が、私たちがもう一度、被災地の方々の心に寄り添う契機となり、復興・支援に向けて一歩踏み出そうとする人たちへの、応援歌となることを願ってやみません。

<講師プロフィール>
原田 隆史
株式会社原田教育研究所代表取締役社長 同 陸上競技部監督
埼玉県教育委員 高知市教育アドバイザー
ビジネス・ブレークスルー大学経営学部教授
北海道・東京・京都・大阪・高知・福岡 教師塾 塾頭

 奈良教育大学卒業後、大阪市内の公立中学校に20年間勤務。保健体育指導、生活指導を受け持つ傍ら、陸上競技部の指導に注力。問題を抱えた教育現場に立ち向かい、学校と地域を再生させる。企業経営のノウハウと金メダリストを育てたメンタルトレーニグを応用した「人を自立させる」独自の指導法【原田メソッド】により、最後の赴任校、大阪市立松虫中学校では、陸上競技の個人種目で7年間に13回の日本一を輩出し全国から注目を浴びる。その手法に企業の経営者が注目し、多くの企業から指導依頼が殺到する。学校教育、企業経営、家庭教育、スポーツ指導等多くの分野で成果を上げ「生活指導の神様、カリスマ教師」と呼ばれる。現在までに約280社・5万5千人のビジネスマンに研修・講演指導を行う。2008年より、教育により日本を改革したいという思いのもと独立し、原田教育研究所を立ち上げる。著書に「カリスマ体育教師の常勝教育」(日経BP社)、「カリスマ教師の心づくり塾」(日本経済新聞出版社)「原田隆史の熱い言葉64」(実業之日本社)、「折れない心を育てる 自画自賛力」(メディアファクトリー)など、これまでに11冊の書籍を執筆している。


「原田隆史 東日本大震災復興支援 チャリティー講演会 in 東京」

日 時:平成24年1月22日(日)
    14:00~16:15(開場13:00)
    ※当日は混雑が予想されます。お早めのご来場をおすすめいたします。
場 所:明治大学 リバティホール (JR中央線・総武線 下車徒歩3分)
参加費:大人:1,000円  高校生以下:1,000円(大人同伴)
定 員:490名
   (尚先着順・定員に達し次第締め切りとさせていただきます。)

お申し込み:http://kokucheese.com/event/index/23777/


この講演会で集まった収益は、義援金として全額、
被災地の子どもたちの活動支援に当てさせていただきます。
スポンサーサイト

東京教師塾 第2回 終了!


今回の長目のプレゼンは学びがたくさんありました。

消化するのに、時間がかかりそうです。

録音を聞いて、しっかりと学び、実践し、子どもたちに還元しようと思います。

ルーティン行動の精度アップ法を学ぶことができ、

より目標達成が近づくようなイメージがあります。


また、今回学んだことを

東京教師養成塾のプレゼンに生かそうと思います。

ニーズの把握

子どもたちに自分に期待していることを聞きました。

すると、


○もっと厳しく言って欲しい

○口うるさく言わないで欲しい


という答えが返ってきました。


よく見てみると

上の答えは男子が、下の答えは女子が答えていました。


男子にはもっと厳しく、

女子にはもっと話を聞いて受容感を高め、言い方を考えて話そうと思います。

第14期 東京教師塾 第1回終了!

9月16日に東京教師塾がありました。

原田先生の東京教師塾の詳細はこちらから。

毎回たくさんの学びをいただいております。


今期は「ストローク」について発表の機会をいただきました。

全力で頑張ります!!


プロフィール

etranger21

Author:etranger21
中学校英語科教師
今年はランニングと読書を頑張ります。
SF:【学習欲、包含、着想、達成欲、親密性】

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。