スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研修の学び

(1)OW64

思考は流動的である、だからこそ、時間を決めて、
一気に考えてしまう。

休憩を挟んでしまうと、
流れが止まり、思考が冷えてしまう。


開けやすい窓と開けにくい窓がある。
強みと弱みを知ることができる。
弱い部分は学習をする。

知の移植によってアイデアをシェアする

OW64で思考を拡散させた後は、
緊急、重要のマトリックスで行動計画を練る。
拡散の後はしぼる作業が必要。


(2)課題解決について
不平不満や愚痴は「どうすれば?」という言葉
を付け加えることで、課題になる。

それが、理想や喜びを伴った課題になると、
解決できる可能性が高くなる。
課題が解決した先をイメージする。

つまり、課題設定が鍵となる

また、課題に対するデータの量が、解決策の量につながる。
だからこそ、現状把握が大切。


(3)自分の実践と原田メソッド
振り返りジャーナルの内容が変化しない。
日誌は自分でコーチング。

一般化することは、意味を考えること。
この一般化の作業を怠ることで、内容が異なる。

実験的に、
朝にジャーナルを振り返り、
今日の目標を考えさせてみる。
さらに、行動計画を立てさせて、
1日を見守る。

そして、1日の振り返りを行う。

朝に夢、理想を思い描き、
夕方に課題を発見する。

そうすれば、振り返りの質も向上し、
意識して行動できるようになる。

一度、振り返りジャーナルを書いてみて、
どんな効果があったかを書き出してみよう。
スポンサーサイト
プロフィール

etranger21

Author:etranger21
中学校英語科教師
今年はランニングと読書を頑張ります。
SF:【学習欲、包含、着想、達成欲、親密性】

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。