スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習の個別化チャレンジ⑧ 学びをさえぎるのは?

前回

英語の授業での、サーキット×体験学習

について、少し考えてみたんだけれど、
その後、もやもやしていて、
あるとき、簡単な答えをひらめきました。

ペア・グループで活動する時間と
個別で学習する場面を分ければいいんだ。

なので、
今はこんな感じの授業になりました。

①英語の歌(5分)
②ペア・グループの時間(15分)
③個別学習の時間(25分)
④振り返り(5分)

①でみんなで歌って
②でたくさん英語を話して、
③で黙々と読んだり、カリカリ書いたりする。
質問があるときは、隣の人にこそっと相談。
もしくは私のところに聞きにくる。

それでもやっぱり上手くいかないときがある。
③で少し話し始めちゃうことも。

昨日はいつもよりちょっとおしゃべりが長かったので、
「他の人の学びを邪魔しちゃだめだよ」と話をしました。

そして、振り返りの時に、
「今日は僕がさえぎってしまったけれど、
あと1分僕が待てば、自分たちで静かに学習できたかもしれないね。
そのチャンスを僕がつぶしてしまったかもしれないと思うと、本当にごめんね!って思う。」
という話をしました。

そうしたら、振り返りで
「わかってて話してしまいました。ゴメンナサイ。」
と書いてくる生徒がいました。

僕に謝っているところが
まだまだ僕の影響力が強いんだなあと感じました。

けど、
話してしまった自分を認めているところがすごいなあと思いました。

生徒を見ていると、
「振り返り」をごまかして書いてしまう生徒もちらほらいます。
遊んでいたことや友達の邪魔をしちゃったことを振り返らず、
「僕は頑張った!」というメッセージを出してくる生徒。

頑張りを認めつつ、
次のステップに進んでほしいなあと思っています。

さあ、次の時間はどうなるかな?
少しずつ少しずつ、自立した学び手になってほしいなあ。
スポンサーサイト
プロフィール

etranger21

Author:etranger21
中学校英語科教師
今年はランニングと読書を頑張ります。
SF:【学習欲、包含、着想、達成欲、親密性】

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。