スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式

3年前、卒業式で号泣した。

「僕が担任でごめんなさい」
卒業生退場で、先頭を歩きながら、
何度も何度も心の中で叫んだ。

1、2年生でなんとかごまかしていたけれど、
学校が統合した3年生、
新しい生徒たちを恐れ、
「こうあるべき」という頭でっかちになっていたころ
生徒と本当に上手くいかなかった。

最後の学活で
1人ひとりにメッセージを渡し、
ギターでスピッツの『チェリー』を歌った。
思いがけず生徒からたくさんの拍手をもらった。
その拍手に涙が止まらなかった。


そして、昨日、僕にとって、2回目の卒業式。

生徒に助けられた3年間。
生徒が僕の心を広げてくれた3年間。
失敗を許してくれた3年間だった。

219名による
合唱コンクールメドレー
大地讃頌
生徒は、泣かずに、
体育館が震えるほど、
本気の表情で歌い上げた。
その姿を見て、
僕も泣いてはいけないと思った。

「卒業式では泣くな」とよく言われる
(別にないたっていいじゃん)って思ってた。
今でもどこかで、泣いたっていいじゃんって思ってる。
けど、式が終わってから泣くのがいいのかなって思う。

それを思ったのは、
大好きだったおばあちゃんのお葬式。

最初は「儀式」って堅苦しいだけだって思ってた。
入学式、終業式、始業式、修了式、卒業式、結婚式、お葬式
色んな「式」があるけど、
ばあちゃんのお葬式に出て、
式って、
「我慢」と「覚悟」を学ぶ場なのかなって思った。

礼を尽くして、姿勢を正すという「我慢」
泣かずに、式をまっとうするという「我慢」
式以前の自分との決別をするという「覚悟」

だから、
式をまっとうする(具体的な表現が見つからないけど)
ために、僕も涙をこらえた。

そして、子供を見ていたら、
誇らしさとすがすがしさを感じるようになった。

「この子供たちは本当にすごい!」


「こばてぃー バレーボールしよー」と、
職員室前で大声で叫ぶ女の子。

その子に、
たくさんからかってもらって、
たくさんお互いを笑い飛ばした。
最後に泣きながら色紙を渡してくれた。

みんなにお礼を言って、
最後の学級通信を渡した。

--------------------------------------
学級通信 『真心』

 なんで「おめでとう」って言わなくちゃならないんだ? もう会えなくなってしまうのに。
 君は卒業して、ここを去っていくんだろう。 新たな道を、歩んでいくんだろう。 それが卒業か。
 それならやっぱり「おめでとう」。 「さよなら」は言わない。 絶対に 絶対に 「また会おう」

Footprints In The Sand 砂の上の足跡
One night a man had a dream.
ある晩、男は夢をみた。
He dreamed he was walking along the beach with the Lord.
男は砂の上を、神と共に歩いていた。
Scenes from his life flashed across the sky and he noticed two sets of footprints in the sand, one belonging to him and the other to the Lord.
自分のこれまでの人生のさまざまな場面が、空に次々と描き出されるのだった。すると彼は砂の上に二組の足跡が続いているのに気がついた。一つは自分のもので、もう一つは神のものであった。
When the last scene of his life had flashed before him, he recalled that at the lowest and saddest times of his life there was only one set of footprints.
人生の最後のシーンが、自分の目の前にフラッシュとなって現れ、終わると、彼は自分の人生の、最低で、最も悲惨な時期には、一組の足跡しかなかったことに気がついた。
Dismayed, he asked, "Lord, you said that once I decided to follow you, you'd walk with me all the way.
がっかりして、彼はたずねた。「主よ、かつて私はあなたに従ってゆきますと決意し、その時あなたは、私と共にいつもずっといるだろうとおっしゃいました。」
I don't understand why, when I needed you most, you would leave me."
「私にはわかりません。なぜ、私があなたを必要としたとき、あなたは私を見捨てられたのですか」"
The Lord replied, "My precious child. I love you and I would never leave you.
神は答えた。「いとしい子よ。私はおまえを愛しているし、ずっと側にいたのだよ。
During your times of trial and suffering when you saw only one set of footprints...
おまえの試練と苦難の日々...おまえが一組の足跡しかみえなかったときだ...
That was when I carried you."
そのときは、私がおまえを背負って歩いた時なんだよ。」
Margaret Fishback Powers  マーガレット・フィッシュバック・パワーズ

保護者の皆様
 お子様のご卒業、誠におめでとうございます。
-------------------------------------

そして、
1人ひとりに手紙を渡して、
ウクレレで『ひまわりの約束』、『栄光の架橋』を歌った。

そして、記念撮影をして、教室を出た。



「人は一生のうち、出会うべき人に必ず出会える、
 一瞬も早過ぎず、一瞬も遅過ぎないときに」
スポンサーサイト
プロフィール

etranger21

Author:etranger21
中学校英語科教師
今年はランニングと読書を頑張ります。
SF:【学習欲、包含、着想、達成欲、親密性】

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。