スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一斉授業を手放した日


自立した学び手になってほしい。


それは、例えば、サッカーをしていて、

もっと上手くなるためには、どうしたらいいだろう?

どんなフェイントを覚えたら、役に立つだろう?

どんな練習をしようかな?と考える感覚。

上手い選手のプレーを探したり、本や映像を見て、わくわくしたりする感覚。

よし!このプレーができるようになりたい!と思って、

色々試行錯誤して練習して、できるようになった感覚。

自分一人で暗い中で練習をしたり、

友達と一緒に練習したりした感覚。


それが、学習においても体験できたらなあと思っていました。



そして、今日、

岩瀬直樹さんの(東京学芸大学教職大学院 准教授)

「自立学習チャレンジ」を参考に、

一斉授業の一部を手放してみました。

ちょっとだけ一斉授業で話をした後、

1週間の学習計画を立ててもらい、

20分自立学習の時間を取りました。


「自立して学習するために、

自分の学習を、自分でコントロールできるようになろう」

と話をしました。


学習も苦手で、計画を立てることが苦手な生徒は

「なんでこんなことするんだよ。

前の授業の方がいい。計画なんて立てられない。」

と話していました。

「不安なんだなー。計画を一緒に立てよう。」と翻訳して、

一緒に話しながら、できることの計画を立てました。

「失敗してもOK。

何を学習するか、自分で決めて、チャレンジしてみよう。」



「失敗してもOK。」という言葉は、大きな勇気づけになったようでした。



隣同士に座っている、同じく苦手な生徒と一緒に、

ペアで会話のトレーニングをして、

「先生、インタビューテスト受けていい?」と言いに来ました。

何度もチャレンジして合格した後、

エンジン切れするかなーと思っていたら、

黙々とノートに今言ったばかりの英文をノートに書いていました。



さっさと課題を終わらせる生徒。

ぼーっとする生徒。

友達とおしゃべりをする生徒。

久しぶりに色んな生徒の表情が見えたような気がしました。



まだまだまだ、始まったばかり。

こちらも焦らず、

試行錯誤しながら、

一緒に学習したいと思います。


教えることもサボらないように。

出過ぎないように。


<今日1日の学習計画を立てることができた生徒>

IMG_2850.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

etranger21

Author:etranger21
中学校英語科教師
今年はランニングと読書を頑張ります。
SF:【学習欲、包含、着想、達成欲、親密性】

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。